これで返事はOK!出会いアプリでデートに誘う方法

出会いアプリで初デートに誘うタイミング

最初に、出会いアプリでの初デートの誘い方について、そのタイミングから解説します。


マッチング後3日以内

出会いアプリにおける誘い方の基本ですが、マッチング後3日程度を目安にしましょう、


理由はそれよりも長いと相手に飽きがくる、また興味が薄れてしまいますので、ホットなタイミングを狙わなければならないのが誘い方の極意なのです。


かと言ってマッチング当日などに会おうとすると、「軽い」「ヤリ目的」と勘違いされてしまいます。


そのことから、3日あたりがベストですが、話の流れで伸びてしまうこともありますので1週間までが限度と考えてください。


メッセージのやりとりが10往復続いたら

誘い方のタイミングと言うより、どちからと言うと誘い方のコツとなるのですが、まずマッチングの後はメッセージのやりとりをします。


それはいつまでもやっていていいものではなく、10往復までには会う日取りを決めてしまうのが良い誘い方となるでしょう。


そもそも「出会いアプリ」なのですから、相手も会う算段をしていることが伺えますし、だらだらとメッセージのやりとりをしていても時間の無駄と思われてしまうのです。


出会いアプリで初デートに誘うきっかけ

出会いアプリの目的は「会う」ですが、何気ない会話の中や相手のプロフィールをきっかけとして使うのもうまい誘い方の一貫です。


ここではそのきっかけをご紹介しますので、これで誘い方にも幅ができるでしょう。


好きな食べ物の話題から

女性は食べることが大好きで、それは出会いアプリの中でも何ら変わりはありません。


ですので話題の流れを食べ物にする、または相手の会話が食べ物になったらそれに乗ることが、上手な誘い方の出だしとなります。


プロフィールや会話などを参考にして、好きな食べ物を事前に把握しておけば、話題も発展しやすくなるでしょう。


話題が盛り上がったとき

これは出会いアプリにおける誘い方の基本であって、多くの方はある程度空気を読んでチャンスを伺っていると思います。


ですがうまく空気感が掴めない方もいるのでご説明しますが、まず会話には流れがあってその中で話が弾むタイミングがあるでしょう。


端的に言うなら、「もう少し話を聞きたい」「もっと知りたい」と思う頃があると思いますが、そこが丁度いいきっかけになるのです。


相手からの質問が増えた頃がそのタイミングとなりますので、メッセージを注視して内容を進めるようにしましょう。


同じ趣味があると分かったとき

出会いアプリは、検索機能に同じ趣味の相手を探せるというものがありますので、これはよくある誘い方になるのではないでしょうか?


つまりは「一緒に行きましょう」で、これなら違和感ないデートの誘い方になりますので、無難に事を運ぶことができます。


ただし趣味つながりということで、嗜む趣味によっては長時間になる可能性がありますが、できればそこは短時間で済ませましょう。


何せ初デートであることから、出会いアプリ発端でお互いをほとんど知らない状況ですし、はっきり言って会話が続きません。


住所が近い場合

簡単な誘い方のひとつで、まず出会いアプリのマッチングに際して、多くは相手の居住区を参考にすると思います。


それをきっかけとして、「近いですね!今度食事でもどうですか?」的なメッセージを送れば、比較的すんなりと受け入れてくれるでしょう。


加えて相手の自宅や職場が近い場所を選ぶなど、相手主体で物事を考えて予定を組む誘い方をすると、さらに出会える確率は上がります。


出会いアプリでデートに誘うときのポイント

なお出会いアプリでデートに誘う際、いくつかのポイントがありそれが誘い方に役立ちますので、一挙ご紹介します。


「食事」を前面に

先に女性は食べ物が好きと記述しましたが、それを上手に扱うことが誘い方のポイントとなります。


しかもこの誘い方、直接「デート」という文言を使わないことから、出会いアプリでも警戒心を抱かせないことに繋がります。


できれば「食事でも」という誘い方でなく、「○○が美味しいお店がある」など具体性があると、「本当に知ってる感」を出せます。


会話の流れに乗る

これも先にある、話題が盛り上がったときの項目に近いものがありますが、これは誘い方において極めて重要ですのでさらに解説します。


では何が重要かについてですが、まずこの誘い方は会話の流れで行われることから、相手の心理的ハードルを少しずつ下げられることに繋がります。


いきなりデートに誘ってしまうと、出会いアプリ発端ですし警戒心を抱かれます。


しかし、心理的ハードルを下げることで通常なら受け入れられないものでも、そのときだけは受け入れられるようになるのです。


出会いアプリで2回目以降のデートの誘い方

出会いアプリでうまく初デートを済ませられた方も、それだけでおしまいというわけではありません。


「2回目」があり、以降の誘い方を実践すれば高確率でうまくいくでしょう。


デート中に誘う

基本的に恋愛は、感情的な部分が非常に大きいことから、如何にホットであり続けるかが誘い方の焦点となります。


その中で最もホットと言えるタイミングが「デート中」で、さらに盛り上がっていれば2回目は誘いやすいでしょう。


可能であれば必ずこのタイミングで次回を約束しておき、それが無理なら以降の手段を用いるようにしましょう。


次回は3週間以内に

出会いアプリの初デートで次回を約束できなかった場合は、次の日あたりに次回を約束するのが誘い方のコツです。


それも「1ケ月後」とか「再来月」ではなく、感情や気持ちを維持するためにできれば「2週間以内」、それが無理でも「3週間以内」に約束するのが最低限の誘い方です。


それ以上間延びしてしまうと、出会いアプリで他の男性もいることですし、相手の気持ちが完全に冷めてしまいます。


メッセージ以外の連絡手段を聞く

なお初デートの際に、必ず”出会いアプリ内のメッセージ”ではなく、”それ以外の連絡先”を聞いておきましょう。


できれば電話番号、若しくはLINEなどになりますが、その日に無理なら後日すぐにメッセージで聞くようにしてください。


そして間髪入れずに2回目に誘わないと、おおよそすぐに切られてしまうでしょう。


出会いアプリは誘い方次第

いかがでしたか?


今回は出会いアプリでの誘い方についてお話ししました。


大それたきっかけを作ったり、無理をする必要はありません。


自分と相手に合った誘い方が出来ればきっとうまくいきます。


そのためのバリエーションとして、この記事がお役に立てば嬉しいです。