いつがベスト!?出会いアプリでLINE交換するための秘訣

出会いアプリでLINE交換するのは難しい?

出鼻をくじいてしまうようですが、出会いアプリにおいてLINE交換を求める場合、なかなか成立しないのが現実です。


その理由をいくつかご紹介しますが、男性が主に出会いアプリにおけるLINE交換を難しくさせているようです。


受け身でいいから

恋愛において基本女性は男性からのアプローチを待つ側…つまり、恋愛市場における供給側であるため、受け身のままで男性を選ぶことができます。


男性を選べるなら、少しでも条件のいい相手を見つけたいと思うのが心情でしょうし、それに伴い焦ってLINE交換をする必要もないんです。


LINE交換しなくてもお金が掛からない

出会いアプリは基本的に女性は無料で利用可能で、男性と違ってメッセージのやりとりにお金を必要としないこともあり、LINE交換の必要性を感じなくなる理由があります。


LINE交換をしてもしなくてもお金が掛からないなら、楽に「現状維持」をしようと考えるのが自然ではないでしょうか。


男性は出会いアプリを自分視点だけで考えてしまいがちな方が多いためなかなかこれに気付けないので、思わぬ落とし穴と言えます。


リスクを背負いたくない

出会いアプリ内のメッセージからLINEを交換するということは、つまりお互いが一歩ずつプライベートに踏み込むということになります。


LINEは本名で登録していたり、プライベートなことをタイムラインでアップしていたりと、知らない人にはあまり見られたくない情報などがあります。


仮に交換したあとにブロックしたとしても、アイコンやタイムラインの更新は見られるので、ブロックしても全てをシャットアウトすることができません。


最近は電話番号を交換することもなくなり、LINEアカウントを消してしまうと今まで繋がっていた人と連絡が取れなくなります。


つまり、昔と違ってLINEがプライベートによりすぎたため、会ってもいない人にLINEを教えるのは抵抗があるというのが女性の本音なんです。


女性からすれば相手は男性ですし、顔の見えない出会いアプリを起点として踏み込まれることに、警戒心を抱くのは自然な反応なので仕方がないでしょう。


出会いアプリでのトラブルは決まって女性の方が大きな被害に遭うので、ここを汲み取らないと自分本位な部分がメッセージにも表れてしまいかねません。


これらの事から、出会いアプリにおけるLINE交換に際しては、男性は慎重な立ち回りが求められるのです。


出会いアプリでLINE交換するメリットは?

上記ではLINE交換の難しさについて説明してきました。LINEは個人情報が含まれるので出来れば交換したくないと感じる方も多いため「LINE交換しなければいいじゃん!」と感じた方もいるかも知れませんが、LINE交換は出会いが発展するきっかけでもあり、デメリットばかりではありません。


そこで、LINEを交換することでどんなメリットがあるのか、紹介していきます。


2人の距離が縮まる

メッセージのやり取り自体はアプリ上で行うことができますが、LINEに移行することで2人の距離はグッと縮まる可能性があります。


LINE交換をしたということは、それだけ相手のことを受け入れている、すなわち「信頼している証拠」でもあり、その時点では脈ありということです。


また、LINE交換をしたという事実によって「相手を受け入れている自分」を自覚します。


この自覚によって、プライベートな空間に一歩踏み込んだかのような感覚になり、心理的に相手のことを自然と意識しはじめるきっかけになるでしょう。


LINE交換をすることは2人の距離を縮めることに繋がるので、気になる人とはタイミングをみてLINE交換しておくことをおすすめします。


他の人と差別化が図れる

共通の友人からの紹介や同じ地元の人との出会いであれば多少相手の人となりは知れるかもしれませんが、出会いアプリで出会う人は全くの他人です。


LINEを教えるということはプライベートの自分を教えることになるので、相手は「LINEを交換してもいい異性である」と捉えます。


出会いアプリをしていると、やり取りをする異性は数人いるでしょう。しかし、やり取りしている人、全員にLINEを教えるわけではないでしょうし、他の方法で連絡を取り合いたいと思う異性は少ないものです。


だからこそ、LINE交換というのは他の異性よりも一歩リードしている!ことになります。


電話ができるようになる

最近では電話機能が付いた出会いアプリも少しづつ増えてきましたが、それでもほとんどの出会いアプリには電話機能が付いていないので、デートするまで相手が一体どんな人かわからないため、警戒心を解くことができません。


また、出会いアプリではデートのドタキャンが多いため、事前に電話しておくことで、ドタキャンを防ぐことができる可能性がアップします。


ドタキャンの原因は、相手側が「本当に会いたい」と思っていないからです。それはまだ不信感を払拭できていないことや、楽しみを感じていないことが主な理由として考えられます。


なのでLINE交換することで無料で通話できるようのなるため、事前に通話しておくことで、相手がどんな人柄かがわかり不信感を払拭でき、相手に対して会うことを楽しみに感じさせることができるかもしれません。


やりとりがこまめにできる

出会いアプリだともちろん男性の場合お金がかかりますし、アプリ自体を頻繁に開かないという人も少なくはありません。


そのため、うまくマッチングしてデートまで行ったとしても、その次のデートの連絡を、という時にアプリ内だけではなかなかやり取りができず、関係が進展しづらいこともあります。


ですが、LINEなら頻繁に開かない人でも必ず1日に何回かはLINEを開くため比較的アプリよりもこまめに連絡が取れるため関係が進展しやすいという点があります。


出会いアプリのLINE交換のベストタイミングは?

マッチングしてすぐにLINE交換しようとすると、相手は警戒して引いてしまうかもしれません。また、なんの理由もなくただ行けると思ったからアタックしてしまうと関係性が一気に崩れてしまい会話が途絶えてしまいます。だからこそ、自然な流れでLINE交換できるのがベストですが、ベストタイミングといってもそれがいつなのか、難しいですよね。


これからそのタイミングをいくつかご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。


相手が興味を持ってくれた時

”共通の趣味がある”とか”弾む話題がある”などにより、あなたに対して女性が興味を示してきた時が、LINE交換のいいタイミングです。


出会いアプリ内でのメッセージが活発になる、または、あまり時間を置かず女性から返信が来るようになった場合は、興味が現れ始め幾分警戒心も解かれている場合が多いでしょう。


会う約束をした時

そもそも利用しているのが「出会いアプリ」であることから、ゴールはLINE交換でなく「実際に会う」ことです。


女性が出会いアプリで知り合った男性と会う場合、ある程度心を許している状態である可能性が高く、LINE交換はやりやすいでしょう。


実際に会った後

これは、先にある「会う以前にLINE交換をする」のではなく、実際に会った時…つまり事後になります。


出会いアプリを利用する人の中には、実際に出会って人柄を自分の目で確認しなければ、絶対にLINE交換をしない方も少なくないのです。


相手がそういうタイプの可能性もありますので、ここは素直に会うまでLINE交換はしないほうがいいでしょう。


出会いアプリでLINE交換する際の最悪なタイミング

マッチング後すぐ

出会いアプリを使ってLINE交換する際の最悪なタイミングはマッチング成立してすぐにLINE交換をすることです。


マッチング後すぐだと相手は業者だと思い警戒されやすくなるため、LINE交換は不可能に近いと言えるでしょう。


仮に交換できたとしても、何も会話をしていませんので、結果的にトークが続かずに会う前に自然と終わってしまいます。


なので、LINEを交換する際はタイミングを慎重に計ってから交換するようにしましょう。


出会いアプリでLINE交換するコツ

タイミングが合ったからと、ただそれだけで出会いアプリ内でLINE交換はしてくれません。


タイミングに加えてコツというものもありますので、ここではそれをご紹介します。


LINE交換の理由を作る

素直に相手のことをもっと知りたい、また共通となる趣味の写真を送りたい、LINE通話で会話をしてみたいなど、もっともらしいLINE交換の理由を作ってみましょう。


これなら自然にLINE交換ができますし、理由があることから多少の警戒心が残っていても、応じてくれる可能性があります。


信頼を得る

出会いアプリに登録している女性の多くは一定以上の警戒心を抱いていることから、LINE交換に際して”信頼”を得ることは非常に重要です。


挨拶は必ずする、誠実なメッセージを心がける、基本的にですます口調、女性のプロフの中で褒める点を探し伝えるなどをして、人となりを見てもらうようにしましょう。


メッセージを盛り上げる

出会いアプリ内では、メッセージのやりとりがLINE交換成功率に大きく影響します。


ただ淡々とやりとりするだけ、または自分の言いたいことだけを話すなど、自分本位の内容では女性は退屈で仕方がありませんので、盛り上げる方向に舵を切りましょう。


出会いアプリ内のメッセージが盛り上がれば、女性はあなたを「合う人」と考える…つまり内申点がアップすることにより、あなたへの警戒レベルが下がる訳です。


出会いアプリのLINE交換で気を付けるべきこと

次に、出会いアプリのLINE交換で気を付けなければならない点をご紹介します。


本名は使わない

LINEは本来、出会いアプリを前提としているものではなく、プライベートや仕事での利用に主軸が置かれているものです。


そのため、ユーザー名を本名や苗字にしている方が少なくないですが、それは出会いアプリに対してはマイナスに働いてしまうでしょう。


では何がマイナスか…。苗字だけならともかくフルネームがそこにあると、それだけで「氏名」=「個人情報」がバレてしまうと言う点です。


となると、そこからTwitterやFacebookなどのSNSを突き止められるとか、日常生活に影響が出てしまうので、LINE交換するのであればせめてフルネームだけは避けておくようにしてください。


QRコードを利用する

LINE交換の際、相手に自分のIDを教えることになります。


しかしスタートが出会いアプリですので、そこは一定の警戒心を持たなければ、個人情報の漏洩に繋がり思わぬトラブルに巻き込まれるかもしれません。


そこで有効な手段が「QRコード」で、これなら相手とのLINE交換の際にIDを伝えなくて済みます。


更に、LINE交換をした後にQRコードの更新をして別のものに変更しておけば、まず今後に問題が起こることはありません。


メッセージは10往復前後

出会いアプリ内のメッセージの最初や2往復目で、いきなりLINE交換をせがんでも警戒されるだけで、急ぎすぎてしまえば本末転倒となります。


ある程度メッセージが弾んでいるのを前提として、少なくとも5往復、多くて10往復以内でLINE交換をするのが出会いアプリでの鉄則です。


ただあまりメッセージの往復が過ぎると、女性の熱が冷めてしまいフェードアウトされてしまいます。


個人情報はむやみに喋らない

相手と交流を重ね、親しくなってきたとしても、自宅の住所や電話番号など、個人情報を伝えるのには慎重になりましょう。もし何らかが原因で相手がストーカーに豹変してしまう可能性もあります。


相手がストーカー行為を行うようになった時に、相手に住所や電話番号といった個人情報をすでに教えてしまっていたら、家に来られたりいたずら電話されるようになってしまい、怖い思いをするのはあなたです。


LINE交換の際は気を付けましょう。


出会いアプリでのLINE交換はあくまで手段

最後に、今回は出会いアプリにおけるLINE交換について記述していますが、出会いアプリは決してLINE交換が目的でないことを忘れないようにしましょう。


仲良くなることが目的であって、LINE交換が目的にならないように気を付けなければならないということです。


LINE交換をした後は出会いアプリの枠外となるのですが、本番はそこからであってLINEでの話題が乏しければたちまち切られてしまいます。


相手のプロフをきちんと確認し、趣味が合うのならその話題を伸ばせるよう、今からでも知識を付けておかなければなりません。


LINEのやりとりも、アプリ内のメッセージのような慎重さや丁寧さがなくなれば、それが本性と判断されてしまいます。


LINE交換後もこれまでと同じように、慎重に事を運ぶつもりでやりとりを続けて、関係の構築や向上を図るようにして、素敵な出会いをしてください。