【2020年】30代におすすめの出会いアプリBEST10

もうそろそろ30代、出会いアプリなんてやってないで真面目に身近な人を…ってちょっと待ってください。


実は30代こそ、出会いアプリでその良さや強みを生かして出会える可能性が高まるんです。


今回はその根拠を徹底解説しますので、多くのメリットを知って引き続き活用していきましょう。


30代の出会いなら出会いアプリ

30代の出会いアプリ利用者は年々増加の傾向にあり、例えば出会いアプリの大手であるpairsでは、30代の男性利用者だけでも50万人を超えています。


一方で、40代以後になるとその利用者は極端に少なくなり10万強、25歳以上30歳未満で50万強…つまり、「30代付近」に利用者が集中していることが分かります。


加えて、通常出会いアプリにおいては極端な年齢差を求めることが少なく、男性であれば同年代から-5歳まで、女性であれば-3から+5歳までを求める場合が多いようです。


要するに、どの年齢帯からでも需要の範囲に収まりやすい30代は、出会いアプリにおいて有利になりやすくこれがおすすめできる理由になるのです。


実際に30代の利用者が出会いアプリを利用して出会うことができた実例が多いのも、利用者が集中しているからであると言えます。


30代は無敵?出会いアプリ市場で最強な理由

30代は、特に恋活市場において他の年代にはない強みがあり、それに伴い婚活を主軸とした出会いアプリで無類の強さを発揮します。


下記で具体的にその理由をご紹介しますので、「30代では・・」じゃなく「30代だからこそ」と自信を持てるようにしましょう。


結婚適齢期だから

これは男女当てはまりますが、30代と言えば結婚を考える人や結婚に焦る人など、何かと結婚の二文字が気になる頃です。


ですが、30代は働き盛りに差し掛かる頃ですので、思うように出会えませんし出会うための行動を起こしにくいのではないでしょうか。


そんな中、スマホを使い簡単にマッチングできる出会いアプリは、何かと忙しい30代の強い味方と言えます。


その事から、先に記述したとおり出会いアプリには30代が集中しますし、相手に近い年代を求めるケースが多いことから、30代は自動的に出会いアプリでの婚活に強くなるのです。


男性の需要が多いから

通常出会いアプリというのは、女性が供給側で男性が需要側となり、男性が不利な社会が築き上げられています。


ですが30代の場合、先でも少し述べましたがどの年齢帯からでも需要の範囲に収まりやすいことから、必然的に男性であっても需要が多くなるのです。


さらに、30代で出会いアプリを利用しているということは、”結婚適齢期である”ことと、”恋人以上のものを求めている”…つまり婚活である可能性が高いと言えます。


このように言うのは何ですが、恋人探しではなく婚活となる場合は男性が供給側、女性が需要側となることも多いので、その事により男性は20代の頃より出会いやすくなるでしょう。


課金に対応できるから

リアルな話になりますが、出会いアプリというのは完全無料であるケースは少なく、月額課金やポイント制だったりと何かとお金が必要になります。


20代の場合、手に職があったとしても所得がそれほど高くないなどの理由で、出会いアプリにそこまで金銭を費やせないのが現実です。


しかし30代の場合、働き盛りに差し掛かることからそれなりに所得もあり、自分の自由にできるお金が増え来る傾向にあります。


その事から、出会いアプリで何かと必要になるお金を捻出することができますので、それが単純に出会いの確率を引き上げているとも考えられ、30代ならではの強みと言えます。


30代におすすめの出会いアプリランキング

出会いアプリは年齢の近い相手を探すのが一般的で、30代利用者の割合が高くなければなりません。


ここでは、30代の割合が高い出会いアプリをご紹介しますので、出会いアプリ探しの参考にしてください。


pairs

会員数1,000万人を超える最大手の出会いアプリです。


30代の利用率は男性で30%強、女性で30%弱と、共に1/3を占めていますので、非常に30代のマッチング率が高いと言えます。


なおpairsには30代専用のコミュニティが設置されており、30代に絞ったマッチングができることから、さらに出会いの可能性を引き上げます。


omiai

30代男性の利用者が約40%、女性で35%前後と同じく30代の利用率が高い出会いアプリです。


検索可能の職業が70種近くあり、交替勤務などの特殊な職業の相手も狙いを定めて絞ることが可能です。


match

男女共に、30代の会員の割合が約40%と、性別で相違の少ない出会いアプリです。


30代専用の機能ではありませんが、付近で出会うことができる検索機能が設置されていて、身近な相手を選ぶことができます。


相性なども考慮して自動的にうまくマッチングしてくれるので、効率重視の30代にはおすすめできるでしょう。


with

withは男女共に30代の利用者が約25%で、これまでご紹介した出会いアプリよりもいささか物足りない感じがします。


ですがwithは、20代の利用者が男女共に60〜70%を誇る、若年層寄りの出会いアプリとなるのです。


そのため、30代と徹底せずに「20代後半も」視野に入れることで実数としては最上位になり、その分出会いの可能性は高くなるでしょう。


tinder

本当の意味で唯一無二の完全無料となるtinderですが、若年層の利用者が多いと避けられている方も居ると思います。


ですが実際は、30代の利用者が男女共に30%強と他の出会いアプリに負けない割合で、十分婚活も狙えます。


ただし、機能的に30代が有利になるようなものはなく、他の年代と土俵が同じですので難しいところもあるでしょう。


マリッシュ

バツイチ以上が多いと言われるマリッシュは、30代の宝庫と言っても過言ではない出会いアプリです。


その割合は男女共に40%を超えており、さらに再婚活優遇があるので30代には非常におすすめの出会いアプリです。


ゼクシィ縁結び

ゼクシィの会員の大多数は、20代後半から30代で占められているようです。


つまり、30代にとっては無敵の出会いアプリと言えますし、コンシェルジュの婚活サポートもありおすすめです。


タップル

タップルは出会いアプリの中でも、若年層が多い上に「遊び」目的の利用者が多く、基本的には30代は不向きです。


しかし、20代後半は少なくないようで、30代前半視点でその辺りの年代を狙ってみるのは、ひとつの手段になるでしょう。


プロフィールなどで20代と差を付けるなどをすると、「大人と出会いたい」利用者によるアプローチが十分に期待できます。


aocca

男女共に20代〜40代でほぼほぼ占められいるaoccaも、そこに30代が含まれていることからおすすめできます。


相性マッチング機能があり、それにより、忙しい30代でも効率的に出会いに結び付けることができるでしょう。


ハッピーメール

出会いアプリの中でも、非常に若い世代に好まれているハッピーメールですが、意外と30代も登録しているようです。


割合的には男性が30%、女性が25%程度ですが、そもそもこの出会いアプリは2,000万人以上の登録者がいます。


そのため単純に実数で考えると、問題がないどころか非常に出会う確率が高いと言えるでしょう。



また、他の出会い系アプリを探したい方は4MEEEをチェック!