出会いアプリは危険あり? サクラ・業者・ヤリモク見極めの極意

出会いアプリに潜む危険人物

出会いアプリというのは、顔が見えないやりとりをするだけあって一定の危険性を伴います。


ここでは、その危険性を伴わせる要因…つまり、出会いアプリに潜む危険人物たちとその特徴をご紹介します。


サクラ

月額課金制の出会いアプリではほぼ絶滅したものの、ポイント制の出会いアプリにはまだまだ出現する危険人物です。


もっともサクラの目的は、自分へのメッセージなどで課金をしてもらうことで報酬を得るだけで、それ以外は何かするわけでもない比較的危険度の低いタイプです。


ではそんなサクラの見極め方ですが、これは至って簡単。


「LINE交換した後は音信不通になる」と、間違いなくサクラです。


出会いアプリ内のお金の掛かるメッセージは、自分にお金が入るので頻繁なのですが、そこから出れば金銭が発生しないので「用済み」となるわけです。


業者

「マルチ商法」、「宗教勧誘」、「ネットワークビジネスへの勧誘」、「風俗への勧誘または誘導」など、出会いアプリには非常に多くの業者が出入りしています。


理由は業者によって様々ですが、出会いアプリの目的を考えればどのみち邪魔者です。


もっとも、見極め方は簡単で、以下の特徴があると高確率で業者となります。



・自己紹介が短文や一言



・メッセージが定型文などの見たことのある文面



・写真は顔を映さず風景またはネット上にあるもの



・「楽しい」「幸せ」アピールが強い



・「最高の出会い」などの壮大な言い回し



既婚者


既婚者というだけなら危険はない…と思いがちですが、下手をすれば危険人物たちの中でも、最大級の危険を伴う可能性がある相手です。


もし不倫を起こせば、バレてしまえば慰謝料などで莫大なお金や社会的信用を失いかねないからです。


しかも、見極めが比較的難しいですので、下記の一例を参考にして危険を回避してください。



・独身で時間があるはずなのに決まった時間帯にメッセージ



・困ることがないはずなのに頑なに住所を言わない



・格好のタイミングなのにイベントを利用しない



ヤリ目的


出会いアプリでは、真剣な出会いを求めている男性も居れば、ヤリ目的で軽薄な出会いを求めている男性も少なからずです。


ですが、こちらは出会いアプリで素敵な出会いを探しているわけですし、ヤられてしまえば傷付いてしまいますので、やはり危険人物と言えるでしょう。


もっとも、危険人物の中でもかなり分かりやすい部類ですので、その特徴を知れば危険の回避は容易です。



・タメ口



・すぐに会おうとする



・基本的に会うのは夜から



安全な出会いアプリの見極め方

ここまで聞いていると、出会いアプリは「危険」とだけ思ってしまいそうな所ですが、安全な出会いアプリであれば何ら問題はありません。


ここからは、安全な出会いアプリの見極め方を解説しますので、安心してご利用ください。


パトロールはされているか

「危険人物が出会いアプリ内をウロウロしていないか」を確認し排除するための巡回は、出会いアプリを利用者に危険なく利用してもらうために必須です。


ただし、「パトロールをしていますよ」といった文面だけを信用せず、きちんと違反ユーザーへの措置を明記している出会いアプリを探すことが重要になります。


通報システムが機能しているか

危険人物の排除は、出会いアプリの運営側のみならず地道な利用者からの通報も必要で、そのための通報システムがしっかりとしているかも重要です。


ですが多くの出会いアプリは、危険人物に対する通報システムを設けていると謳ってはいても、形骸化していたりほとんど機能していなかったりすることが少なくありません。


なのでこれについても、通報システムの機能確認という意味で、危険なユーザーの措置がなされているかの確認が求められます。


本人確認があるか

出会いアプリの中には、自身の個人情報を開示、登録しなければ利用できないものもあって、これが結果的に危険人物の排除に繋がっています。


要は、自身の素性が明るみになることで不正や危険行為が抑制され、下手なことができなくなるわけです。


そのため、出会いアプリ選びにおいて本人確認があるか否かは非常に重要ですので、ここも考慮することで危険な目に遭う確率はより少なくなるでしょう。


Facebookの連携があるか

そもそもFacebookはきちんと個人情報を登録しないと利用できないことから、出会いアプリとの連携は自らを危険から遠ざけることになります。


何せ登録した出会いアプリと自身のFacebookが繋がるのですから、何か危険行為を企んで実行してしまえば、プロフィールから直ちに素性がバレてしまうでしょう。


危険人物は最初から、利用者に対して危険な行為に及ぼうと画策していますので、Facebookと繋がるような出会いアプリは避けるのが当たり前なのです。


出会いアプリ各社の安全対策一覧

ここでは、上記のような安全対策が行われているか、出会いアプリ各社ごとに一覧でご紹介します。


ハッピーメール

ハッピーメールにおいては、近年パトロールや通報システムを強化しているようで、違反ユーザーなどが多数取り締まられたようです。


もともと業者が比較的多かったこの出会いアプリですが、容赦なく強制退会などの措置を施したことで、現在は優良出会いアプリへと変貌しています。


match

この出会いアプリは、危険人物に対する通報システムを強化しているようで、その辺りはきちんと公式に明記されています。


安全な利用方法についても言及していますが、現実は業者などがまだ少しの割合で蔓延っており、通報システムの利用も含めて自衛をしなければならないところがあります。


pairs

出会いアプリの大手のひとつであるpairsはパトロールに特化しているようで、危険人物はすぐさま強制退会させられるようです。


怪しい相手に対する通報システムも強く、即時対応も少なくない為、かなり安心して利用できる出会いアプリと言えます。


with

withは通報システムが強化されているようで、実際通報を受けて強制退会させられた者のブログがあり、反面教師として大いに役立ちます。


利用者からの通報に、かなり敏感に反応してもらえるようですので、安心して利用できるのはもちろん危険人物とされる者たちも身動きが取れないでしょう。


omiai

出会いアプリの中でも、最高峰の安全対策をしているところで、Facebook連携からパトロール、通報システムなど、あらゆる対策がなされています。


さらに登録に際して独身証明書が必要で、確実に危険を排除したいのであればこの出会いアプリで決まりです。


マリッシュ

この出会いアプリもFacebook連携、通報システムが充実していますので、危険人物と呼ばれる輩は立ち入る隙がないと言えるでしょう。


危険と思われる者たちのブロックも可能ですので、総合的に考えてかなり安心して利用できる出会いアプリです。


タップル


タップルは、パトロールや通報システム、本人確認が非常に厳しく、安全対策に力を入れている出会いアプリのひとつと言えます。


とにかく業者などが嫌う環境を作り続けているため、やはりこの出会いアプリも危険なく利用できると考えていいでしょう。


aocca

aoccaは出会いアプリの中でも特殊で、如何に既婚者を排除するかに特化しているところがあり、規約で明確に既婚者の利用禁止を謳っています。


もちろん、基本的な通報システムは充実していますので、既婚者に悩まされている方ならこの出会いアプリはアリと言えるでしょう。


ゼクシィ縁結び

ゼクシィは結婚を意識した出会いアプリだけに、それとは無関係な危険人物などには極めて厳しく、直ちに強制退会の措置を取るようです。


パトロールも十全にされているとのことですが、何より通報システムが非常に強く、悪質であれば即座にアカウントを凍結する徹底ぶりで、かなり安心して利用できる出会いアプリです。


最後に:安全に出会いアプリを利用する秘訣

いかがでしたか?


安全に出会いアプリを利用するためには、危険と思われる要素を徹底的に排除した上で、これまでのやりとりを鑑みて信用できる相手を見つけるに限ります。


具体的に挙げるなら


・会うときは日中で人の多い場所



・相手の車に乗らない



・スケジュールを決めておく



日中、人の多い場所をファーストコンタクトにするのは必須で、それだけで危険性はほぼなくなります。


昼間から人の多いところで何かするとは考えにくいですし、相手の車には乗らず駅で待ち合わせにしておけば完璧に近いと言えます。


加えて予めスケジュールを決めておいて、相手にも了承を得た上で会えば、危険な目に遭う可能性は限りなく0です。


せっかく素敵な出会いを望んでいるのですから、”危険”という不要な懸念がなくなるよう知識を付けてから、出会いアプリを利用しましょう。