【2021年】ペアーズエンゲージ(pairs engage)完全マニュアル!

目次

ペアーズエンゲージとは?(pairs engage)


目的年代入会金月額費備考
婚活30代9,800円
6か月契約で無料
9,800円
50%割引有
90日間相手がいない
→全額返金

あのマッチングアプリの老舗pairsが作ったオンライン結婚相談所「ペアーズエンゲージ」。
結婚相談所と言えば、わざわざ自分の足で現地に赴いて、登録や相談などをする手間があるかと思います。
しかし、ペアーズエンゲージはカップリングまでを全てオンラインで済ませられるんです!
価格もお手頃で、出会いアプリと結婚相談所の良いところ取りをしたアプリといえます!
また、ペアーズエンゲージは専属コンシェルジュによる24時間サポートを受けられ、紹介される人数も30人と他社の倍以上と多いため、コスパよく婚活したい方向けの出会いアプリなんです。
【ペアーズエンゲージの特長】
・カップリング後は90日間で結婚を判断
・独身証明書の提出が必須
・専属コンシェルジュによる24時間サポート
・毎月30名の候補者がシステムで自動紹介
・他結婚相談所より料金が安い

PairsEngageをダウンロード

ペアーズエンゲージと結婚相談所の違い(pairs engage)

年会費独身証明書紹介サポート機能
ペアーズエンゲージ99,600円必須〇(月30人)
結婚相談所25万(平均)必須〇(3~12人)

このように、ペアーズエンゲージは結婚相談所と同様な手厚いサポートが受けられるアプリになっています。
結婚相談所と比べ比較的にリーズナブルなため本気で結婚を考えている人にとってはかなりおすすめです。
絶対に婚活したい!!!けど出会いアプリだと真剣じゃない人もいるかもしれないし結婚相談所は料金が高くて行けない。
そんな悩みを同時に解決できるのがペアーズエンゲージなんです!

ペアーズエンゲージの利用している人はどんな人?(pairs engage)

年齢層


ペアーズエンゲージの年齢層は、男女共に30代が半数以上を占めています。
30代と言えば結婚適齢期なので結婚を考える人や結婚に焦る人など、何かと結婚の二文字が気になる頃です。
ですが、30代は働き盛りに差し掛かる頃なので、思うように出会えませんし出会うための行動を起こしにくいのではないでしょうか。
そんな中、簡単にマッチングできる出会いアプリは、何かと忙しい30代の強い味方と言えます。そのため30代が集中しています。

男女比


ペアーズエンゲージの男女比は、女性4:男性6と会員のバランスが取れているといえます。
他の出会いアプリであればどちらかに偏っている場合がありますので、ペアーズエンゲージを使えば男女共に積極的にアピールすればマッチングできる可能性があります。

初デートまでの期間


ペアーズエンゲージは、紹介開始から平均1ヶ月で初デートをしています。
「試しに会ってみたい!」という方は1ヶ月プランを購入して初デートをしてみましょう。
1か月30名の人を紹介してくれるので、なるべく多くの「いいね」を送ることが初デートまで上手く持っていくコツです。

学歴


ペアーズエンゲージで活動している会員は、約7割が大学卒・大学院卒です。
高学歴な人は、努力家で向上心のある方がほとんどです。
学歴があるということは、「厳しい受験戦争を勝ち抜いて来た」ということですよね。
だからこそ、日常生活や仕事、恋愛でもとにかく前向きで積極的です。
そのため、学歴を気にして相手を探す必要がありません。
どうしても学歴が気になる方はプロフィールや提出している証明書を確認して相手を探すと良いでしょう。

ペアーズエンゲージは安全?(pairs engage)

ペアーズエンゲージは通常の出会いアプリとは違い、システムでカップリングをして「会う」ことが前提になっているので会えないサクラを自ら雇うメリットがないどころか、ペアーズエンゲージにとってリスクでしかありません。
さらに先にもありましたが、ペアーズエンゲージの登録には収入証明書や独身証明書などの提出が求められます。業者ではそれらの書類が揃えられませんので、登録の時点で弾かれてしまうわけですね。
そしてそれらの書類は、利用者の素性を完全に明かすことになります。
これにより既婚者は100%排除出来ています。
ヤリ目的とかその他迷惑行為を考えている者も、わざわざ月額9,800円以上するオンライン結婚相談所に本人確認書類提出し入会して悪事を働くのは効率が悪すぎます。
それなら、本人確認のない出会い系アプリやお金のかからないSNSでやった方がいいのでそんなペアーズエンゲージでわざわざ悪さをしようとは思わないでしょう。

ペアーズエンゲージのココがおすすめ(pairs engage)

最大月30人の紹介


実はペアーズエンゲージには、出会いアプリのような異性を検索する機能というものがありません
ではどうやってカップリングを成立させるのでしょうか?
それは「自動」で行われるものなんです。
ペアーズエンゲージの登録後毎日定時に、利用者が求める条件に見合った相手がシステムから選ばれて紹介されます。
基本的には1日1人、定時にご紹介という形になるでしょう。(キャンペーンなどにより2人になることも)
そこでお互いが「いいね」とすることで、マッチングが成立することになるんです。
その後はシステムが、会う日取りや時間を決めるなどの過程を踏んで、実際に出会うことになります。(ファーストコンタクト)
異性を検索する機能はありませんが、毎日確実に1人であれば、しっかりと相手を見定めることができますし、システム上特定の異性に人気が集中することもありません。

ペアーズエンゲージは自分でいいねする人を検索できないってのはあるけど、毎日ひとりずつ紹介してくれるので、婚活疲れたなって時もひとり見るくらいだったらできるから意外とマッチングしたりするのかも。            

(出典:Twitter)


24時間365日!コンシェルジュのサポート制度


通常このようなアプリは、何もかもを自力でしなければならないところがあります。
ですがペアーズエンゲージの場合、24時間365日専属コンシェルジュのサポートやフォローを行っていただけます。
具体的にはシステム上のことを始め、カップリング後のデートや相談まで幅広く、ペアーズエンゲージ側の手厚いサポートが保証されているんです。
24時間ということで時間を問いませんので、咄嗟の出来事やふとした疑問にも答えてくれるというのは、他のアプリにはないサービスと言えますね。

今日の人に聞いたんですがペアーズエンゲージのコンシェルジュは聞き続けると比較的?結構?なんでもサポートしてくれるという知見を得ました。あんまなんもしてくれないなと思ったけどパッシブなサポートはしてくれるのか。         

(出典:Twitter)


90日間相手が見つからないければ全額返金


ペアーズエンゲージの特にすごいところは、90日間利用者側で会いたいと思う相手がいなければ、入会費と対象の90日間の月額費を全て返金してくれるところです。
1日1人計算で90名を紹介してもらってだめなら全額返金してもらえるのであれば、カップルになれるか不安な方でも気軽に試せますよね。
これもペアーズエンゲージ側が自信を持っている表れです。
必ずカップリングできるという背景があるからこそでしょう。

独身証明書取得率100%

付き合った後で既婚者だった」なんてことがあったら笑えないですよね。
せっかく結婚を見据えたお付き合いも、時間の無駄になってしまいます。
通常のマッチングアプリで既婚者を判別するのは難しいですが、ペアーズエンゲージなら「独身証明書提出が義務」なので、そういった心配はありません。
独身証明書と聞くと取得が面倒という方もいらっしゃるかと思いますが、ペアーズエンゲージでは専用のフォームに必要事項を記入すれば代理で取得してくれるので非常に便利です。
また、独身証明書の他に本人確認書類、収入証明書、学歴証明書、国家資格証明書も提出している方もいるので、そういった方はより信頼ができるでしょう。
独身証明書の提出が必須になったことでオンライン上での婚活を今まで以上に安心して利用することができるでしょう。

専門家によるプロコーチ機能


プロコーチ機能はファッションや会話など各分野の専門家からアドバイスをうけることができる機能です。
婚活初心者で何をすればいいかわからないといった人でも安心して婚活をすることができるサポートサービスとなっています。
Youtubeで活躍中の「りすこ」さんや「渡辺結花」さんなどマッチングアプリの専門家もアサインされているので、「うまく会話ができるか不安」などなにか結婚に対して困ったことがあれば相談してみるのもよいかもしれません。

ペアーズエンゲージの注意点(pairs engage)

会員数は量より質

実のところ、ペアーズエンゲージは非公表、口コミなどをみる限り会員数が多い印象はうけません。
理由は先にもありましたが、登録に際して非常に手間が掛かってしまうのが原因と言えるでしょう。
ですが逆に言えば、それらの手間を乗り越えた方々が会員なわけですから、量より質として捉えることができます。

エリアは縛りがある

実はこのペアーズエンゲージ、利用するにもエリアの縛りがあってそこに注意しなければなりません。
・関東:東京都・埼玉県・千葉県・神奈川県
・東海:愛知県・岐阜県・三重県・静岡県
・関西:大阪府・京都府・奈良県・兵庫県・和歌山県・滋賀県

現在の対象エリアはこれだけで、このエリアから外れてしまうとそもそもペアーズエンゲージの利用が難しくなるんです。
今後拡大していく予定のようですが、今のところエリアに関する情報の追記は確認できていません。
そのため、対象エリア以外に住いの方にはあまりおすすめすることはできません。

自分からいいねは押せない

ペアーズエンゲージはそのシステム上、「紹介された相手」にいいねを押すことができますが、それ以外の異性にはできない仕様となっています。
先にもありましたが、ペアーズエンゲージには異性を検索する機能がないため、こちらから能動的にいいねは押せないわけです。
ですので、出会いアプリと同じ感覚で利用をすると肩透かしとなるので、このあたりの仕様については納得の上で利用してくださいね。

たくさんの相手を見たい人

上記でも挙げましたがペアーズエンゲージは条件を指定して検索することができず、コンシェルジュから1日1人異性を紹介してもらう仕組みです。
自分で積極的に活動したい方、たくさんの人をみて判断したい方にはあまり向いていないかもしれません。

結婚相談所のような対面サポートを受けたい人

ペアーズエンゲージでは、コンシェルジュとのやりとりをするにしても全てオンライン上で行います。
対面の面談やカウンセリングはないので、どうしても対面で相談したい方は結婚相談所の方をおすすめします。
特に対面でのカウンセラーのサポートが手厚い結婚相談所は、IBJメンバーズやパートナーエージェントなどがありますので、そちらを見てみるのも良いでしょう。

ペアーズエンゲージの料金(pairs engage)

1か月3か月6か月
入会費9,800円9,800円無料
月額料金9,800円9,400円 8,300円

ペアーズエンゲージ結婚相談所同様なサポートが受けられ、1万円以下で利用することができ、は長期契約になれば更にお得です。
6か月契約なら月額費用入会金が無料、月額費用が8300円まで下がるので、焦らず婚活したい人はそちらがおすすめです。

ペアーズエンゲージはコスパ抜群!pairs engageの料金・価格を徹底解説

1月31日まで入会費が無料!【3か月プラン】


ペアーズエンゲージでは、2020年12月31日の年内まで、3、6ヶ月プランの入会費が20%になるキャンペーンを開催しています。
通常は月額費9,800円に加え、入会費9,800円がかかるのですが、この期間中に申し込めば、入会費無料に加えて、3ヶ月マッチングしなかった場合の全額返金保証も付いてくるため、非常にお得なキャンペーンになっています。
キャンペーン対象は3ヶ月プランのみで、1ヶ月プランは、対象外のため注意してください。6ヶ月プランは、キャンペーンに関係無く入会費が0円のため、長期的に婚活を考えている方は、6ヶ月プランがおすすめとなります。
PairsEngageをダウンロード

【結婚相談所の料金比較一覧】

結婚相談所年間料金順位
ペアーズエンゲージ99,600円1位
スマリッジ114,000円2位
エン婚活エージェン153,800円3位
NOZZE(ノッツェ)209,500円4位
ZWEI(ツヴァイ)221,000円5位
ゼクシィ縁結びエージェント222,000円6位
パートナーエージェント266,000円7位
オーネット272,800円8位
クラブ・マリッジ430,000円9位
IBJ545,000円10位

大手結婚相談所と比べて1/4の料金で利用できることがわかりますね。
結婚相談所の利用を考えているけど、料金の高さがネックな人にペアーズエンゲージはリーズナブルでかなりおすすめです。
また、ペアーズエンゲージは結婚相談所と違いお見合い費・成婚料」などのオプション料金も発生しないため、手軽に利用できるアプリとして優秀と言えるでしょう。

ペアーズエンゲージの口コミ・評判(pairs engage)

ペアーズエンゲージを実際に使う上で一番気になるのは結婚した人や交際した人が実際いるのかどうかではないでしょうか?
ここではそれらが気になる方のために口コミを紹介したいと思います。

初デートのご馳走はなんと熊!好みがぴったりなお二人の成婚退会ストーリー            

(出典:幸せレポート)


1年で見つからなかったらやめよう。そう思って始めました            

(出典:幸せレポート)


初デートは水族館。彼女の「美味しそう」という感想が印象的でした(笑)            

(出典:幸せレポート)


ペアーズエンゲージ、一度会ってから90日目までに、成婚退会か、別れるかを運営側のコンシェルジュから確認される仕組みが良いと思う
こういう期限を定めないと、結婚が目的なのに恋愛を求めて長期間付き合ってしまう人がいるからねぇ
完全放置ではなく運営から状況を尋ねられるのは良い影響があるよ            

(出典:Twitter)


ペアーズエンゲージですごく良いなと思ったのが、独身証明書をアプリからすぐ申し込めること!小為替買ったり、書類書いたりが不要!すごく良いと思う。            

(出典:Twitter)


ペアーズエンゲージにて初めて紹介され、いいねを押した方とマッチングしました。
一週間以内に候補日の連絡がある模様。            

(出典:Twitter)


好みがぴったりや、アプリからすぐ申し込めて便利など様々な人の声があります。
口コミからかなりの人が出会いから結婚までしていることが分かります!
あまりお金をかけたくないけど、結婚を前提とした出会いを求めている人」はぜひ一度使ってみて欲しいです。
いろんな視点でペアーズエンゲージを見るなら下記の記事がおすすめ!
ペアーズエンゲージの評判を徹底調査!タイムリーな口コミをみてみよう(pairs engage)

ペアーズエンゲージの使いかた(pairs engage)

会員登録


まずはペアーズエンゲージの会員登録ですが、あなたに入会資格があるかどうかの確認を忘れないようにしてください。
・現在交際相手がいない
・独身
・年齢:20~45歳
・日本在住
・独身証明書などの指定の書類を提出

これらを確認し、問題がなければ会員登録ができます。
会員登録については、まずペアーズエンゲージの「web会員登録ページ」でメールアドレスと支払い情報を入力します。
具体的には性別、居住地、生年月日などの基本情報ですので、特に難しいことはありません。
登録してから最大30日間は活動準備期間として月会費が無料なので今手元に何もない人でも大丈夫です。
その後プランを選びにすすみます!

活動準備


次は活動準備となりますが、ここで先ほどご説明した独身証明書などの指定の書類を準備します。
提出書類はできるだけ迅速に準備しましょう。
プロフィール情報が未入力であったり必要書類が未提出、提出書類等が審査中で活動を開始できなくても最大30日間は月額費が無料ですがそれ以降は料金が発生します。活動準備はなるべく早く行い活動を開始しましょう。
また、プロフィール情報に「年収」、「最終学歴」などの項目を登録するためには、収入証明書、学歴証明書の書類の提出が必要です。
証明書をご提出いただけない項目、ご提出された証明書の内容と入力された情報が異なる項目については、プロフィール情報に登録することができませんので、注意しましょう。
最後に写真を登録するだけですが、自然な笑顔のカメラ目線が大事です。
今までの出会いアプリなら承認されていたような目線を外して少し遠目の写真も、自然な笑顔とカメラ目線がないと承認されないこともあるので注意して撮るようにしましょう。

お相手紹介・マッチング


登録後は毎日19時に、ペアーズエンゲージ側から条件を考慮したお相手を1人紹介してくれます。
もしそのお相手が気に入った場合は「いいね」を送り、相手もいいねを押せばそこでマッチング成立となります。
非常に簡単なシステムですが、ここで結婚が決まるわけじゃありませんので、まだ焦らないでくださいね。
そして紹介された人には回答期限があり、回答期限は7日以内なので、回答期限内に回答をしなかった場合、自動的にお見送りとなります。
また、回答期限までに回答しないことが多いと活動に積極的ではないと判断され、お相手に紹介する機会が減る場合がありますので、積極的に回答するようにしましょう。
そしてマッチングしたら必ずファーストコンタクトを行いましょう。
正当な理由がなくマッチングを解除する場合、3日間の紹介停止のペナルティ対象、更に悪質な場合は、7日間の紹介停止や強制退会となる場合がありますのでご注意ください。

ファーストコンタクト


マッチングが成立した後は、実際にお互いが会う「ファーストコンタクト」に移行することになります。
具体的には、まず7日の提案期限があるため、マッチング後にその期限に留意しつつ提案します。
その提案を受けて、予め相手が定めた日取りを選んでOK、または再提案を依頼することになります。
コンタクト開始時間は以下の範囲で選択してください。
【コンタクト開始時間】
・オンラインファーストコンタクト
10時〜22時
・リアルファーストコンタクト
10時〜20時

安心・安全な活動に配慮して、夜遅い時間のファーストコンタクトは禁止です。
ファーストコンタクトのルールとしては以下の項目があります。
【ファーストコンタクトのルール】
・場所は喫茶店で、食事(デザート含む)や飲酒は禁止。
・当日キャンセル
・連絡先の交換
・フルネームを聞く、伝える
・両親や友人などの同席
・最長1時間で、30分以内に切り上げるのは禁止

なお日程を確定した後、やはり変更したいと再調整をしようとしても認められません。
ただし、急遽都合が悪くなったなどが起こった際は、ペアーズエンゲージ側に連絡することを必須としています。
次も会いたい」と思ったら「再コンタクト希望」をし、お互いが再コンタクト希望の場合のみ、2回目以降も会うことができます。

カップリング


ファーストコンタクトの後、「お相手が結婚相手としてふさわしいかどうか見極めている状態」をカップリングといいます。
そしてもう一度お相手に会いたいと思った場合はアプリでそれを表明します。
お相手も同じく会いたいとなった場合は「カップリング成立」となり、ペアーズエンゲージ内のメッセージでやりとりが可能になります。
恋愛関係の恋人とは違うので、複数のお相手とカップリングになることができます。
期間は90日間、その間でお互いをしっかり理解しデートを重ねて関係性を深めていきましょう
【カップリング禁止事項】
・連絡先を交換する
・カップリング成立後の放置
・高額な贈り物を渡したり要求する
・カップリング終了後の付きまとい

上記は公式でも謳われている禁則事項であり、違反をすることでペアーズエンゲージのアカウント停止措置が取られる可能性があるので覚えておきましょう。
ちなみに90日間を超えることはできませんが、90日未満で次のステップに進むことは可能です。真剣交際に進むのが早いほど、真剣交際の期間は長くなります。
ですがカップリングを終了したい場合、カップリングが終了するとお相手とやりとりはできません、
また、複数人とカップリングになり、そこから真剣交際の人を選ぶと思いますが、複数の相手と80日以上カップリングすることはできませんので気を付けておきましょう。

真剣交際

カップリングは90日間設けられるのですが、その間で「真剣交際」というものに任意で移行することができます。これは一人に絞って交際すること、つまりは「結婚に向けての交際」であり、その決意表明ということなんですね。
真剣交際に移行すると
・連絡先の交換ができる
・未回答の紹介は自動的にスキップ
・他のお相手とカップリングしている場合は自動的に解消
・マッチングの解除
・ファーストコンタクトのキャンセル

などが行われます。
ただし90日間の縛りは変わらず、仮に30日で真剣交際に移行すれば残りの60日の期日がくれば結婚の可否を決断しなければなりません。
これがペアーズエンゲージの話の早いところなのですが、つまりは「90日の間で結婚を決める」んです。
カップリング中であればいつでも真剣交際に入ることができますが、真剣交際に入ったら通常のカップリングに戻すことはできず、また、カップリング期間は基本的には延長されませんが、双方の合意があれば30日間だけカップリング期間を延長することが可能です。
結婚の可否が決まらず終了したい場合は相手に交際終了の旨を伝えて、専属コンシェルジュにご報告ください。
カップリングの解除が完了したら、紹介が再開されます。

成婚退会


真剣交際した相手とお互いが結婚を承諾したのであれば、成婚退会といってペアーズエンゲージを退会しなければなりません。
その希望を専属コンシェルジュに伝えれば、晴れて成婚退会、結婚となります。
もっとも、婚約をしていなくても「見込み」で退会は可能ですので、必ずしも婚約をする必要はありませんよ。
なおここで注意したいのが、成婚と「見なされる」場合です。
・婚前交渉
・同棲
・宿泊(またはそれを伴う旅行)
・カップリングを継続したままの期間終了

いずれも成婚退会となる案件ですが、最後のもの以外は悪質と捉えられた場合、今後ペアーズエンゲージを利用できなくなるので要注意です。ペアーズエンゲージの退会を希望する場合、次回更新日の3日前までに連絡をしましょう。
なお、結婚相談所のような成婚料はかかりません。

ペアーズエンゲージの攻略方法(pairs engage)

プロフィール

この手のアプリにおいて、プロフィールはその人の「最初に見えるところ」であり、ネット上の第一印象になることから極めて重要です。
そのため、基本的にプロフィールで埋められる部分は全て埋めるのが前提、できる限りたくさん記述して本気度や誠実さを見せておく方がいいですね。
記入する事】
・仕事に対するやりがいや将来の目標・夢
・趣味の情報
・結婚に対する価値観

このあたりについては、ペアーズエンゲージのみならずこの系統のアプリでは必須、やっておいて当たり前になります。

プロフィール写真

特にプロフィール写真は最重要なのですが、意外と適切な画像を選ばれていない方が少なくありません。
・笑顔
・清潔感
・人となりが見える

笑顔はその人の最大の魅力を感じさせ、清潔感は会って不快にならない印象をきちんと与えられる、人となりを示すことで裏表のなさを強調できます。また、今までの出会いアプリなら承認されていたような目線を外して少し遠目の写真も、自然な笑顔とカメラ目線がないとペアーズエンゲージでは承認されないこともあるので注意して撮るようにしましょう。

ファーストコンタクト

ペアーズエンゲージは「ファーストコンタクト」というシステムがあるのですが、ここも極めて重要です。
カップリングを成立させるために、システムが選出した期日に二人が出会うことになるのですが、そこはつまり現実での第一印象。
そこでつまづけばカップリングは不成立で、また最初からやり直しになってしまうので、下記にだけ留意しましょう。
・挨拶はきちんと
・待ち合わせ時間より早めに
・好印象であれば好印象と伝える

特に最後の好印象と伝えるという部分は、ペアーズエンゲージという婚活を目的としているところを発端としていることから、必須となります。
そこをはっきりさせないと、今後相手がどういう方針で動けばいいのか分からなくなるので、結局それで迷いが生じて切られてしまいます。
もちろん会話も弾まなければなりませんので、事前にきちんと相手のプロフィールなどを確認して、話のネタを作っておきましょうね。

ペアーズエンゲージにサクラや業者は存在するのか(pairs engage)

サクラや業者については多くの方が気になる項目だと思います。
せっかく高いお金を払ったんだから安心して使いたいですよね。
でも安心してください。ペアーズエンゲージにサクラや業者は存在しません。
ペアーズエンゲージと同じ運営元のPairsという出会いアプリでは1000万人以上の会員の登録があり、今でも増え続けているアプリを運営しています。これくらいの規模のサイトでサクラを使う意味はないですし、使うまでもなく盛り上がっているので、リスクを犯してまでサクラを使うわけがないのです。
【これはサクラじゃない】
・マッチングしたのに反応がない
・メッセージを何通かやりとりしてたのに突然音信不通
・会う前にLINEのIDを聞かれた
・直接会って盛り上がったのに音信不通

マッチングしたからといって必ず返信が来るとは限りません。
忙しくて返せないこととか、いろいろあるので、「返信がない=サクラ」ではありません。
また、業者に関してもペアーズエンゲージはオンライン型の結婚相談所サービスではありますが、独身証明書、年収証明書、本人確認書類の提出が必須となっており、女性も有料なため、業者にとってはかなり入会のハードルが高いです。なので、ペアーズエンゲージに業者が登録している可能性は極めて低いと言えます。
出会いアプリでサクラや業者の不安があって、実際トラブルに遭った人に関してはここの部分が敏感になり心配する気持ちはわかります。ですが、証明書が必須で女性も有料の婚活サービスであるので業者はいないと思って間違いありません。
なので、安心して使うことができるでしょう。

ペアーズエンゲージ成婚退会者インタビュー(pairs engage)

ペアーズエンゲージでは成婚退会者のインタビュー記事が掲載されています。
なのでここで少し紹介しようと思います。

登録しようと思ったきっかけは?

男性(20代) 東京在住
もともとペアーズに登録していて、その際ペアーズエンゲージの広告を見て登録しました。結婚につながるより真剣な出会いを求めていたので、こちらにも登録してみようと思いました。           

(出典:ペアーズエンゲージ)


魅力に感じたポイントは?

女性(20代) 埼玉在住
来店などする必要がなく、自分のペースで婚活ができそうな点と、独身証明書提出で結婚に本気な人にだけ会える点でした。実際、男性も独身証明書や収入証明書を提出しているので、結婚に積極的で真剣な方が多かったです。            

(出典:ペアーズエンゲージ)


使ってみてどうでしたか?

男性(30代) 東京在住
マニュアルがしっかりしていて、マッチング後から成婚退会するまでの流れや、待ち合わせ時間・お茶をする時間に関してのルールが事前に明確になっていたのが良かったです。またコンシェルジュの方を通じて、コンタクト後「相手の方が感じた自分に対する印象」を共有いただけた点も個人的に助かりました。            

(出典:ペアーズエンゲージ)


コンシェルジュはどうでしたか?

女性(20代) 東京在住
ファーストコンタクト前に確認の連絡やお相手のご様子をチャット形式で適時に教えていただけました。これが私のように夜勤をする身に取ってとても便利で使いやすいなぁと思いました。            

(出典:ペアーズエンゲージ)


これから登録する人へ

女性(30代)埼玉在住
自分も含め、友達の婚活を見ていても、紹介をコンスタントに送ってきてもらえるのはすごくいいなと。良くも悪くも、探さないと会えないんじゃなく、自動的に来てくれるっていうのは、忙しい人とかにすごくおすすめです!            

(出典:ペアーズエンゲージ)


男性(30代)茨城在住
悩んだ時に、コンシェルジュの方に相談すると、ちゃんとしっかりと返事してくれるっていうのも、ありがたかったし、1日1人紹介なので、普段の生活のリズムを崩すことなく、日々の生活のルーティンの中に組み込みやすかったですね。19時になったら「あー紹介される時間だ」みたいな感じで。そういった意味で、お互いの時間をちゃんと確保しつつ、婚活できるのは良かったです。運営部隊もペアーズさんだから婚活初めてする方にはけっこう安心できるところなのかなと思います。           

(出典:ペアーズエンゲージ)


ペアーズエンゲージのQ&A(pairs engage)

退会方法は?

ペアーズエンゲージの退会方法は少し特殊で、一般的な出会いアプリのそれとは異なります。
退会フォームからではなく、まず専属コンシェルジュに退会する旨を伝えなければならないんです。
その上で専属コンシェルジュから退会の案内が届きますので、案内に沿って退会手続きを行ってください。
そのことから、退会までには少々お時間が掛かります。
時間的な余裕をしっかり確保した上で、よく考えて退会するようにしてくださいね。

ビデオ通話は対応してる?

ペアーズエンゲージでは、主に初顔合わせを目的としたビデオ通話を採用しています。
ペアーズエンゲージ側の日程調整を利用して、実際に対面しなくてもスマホ画面でファーストコンタクトが可能なんです。
さらにファーストコンタクトだけでなく、オンラインデートとしてビデオ通話を利用することも可能で、優れた汎用性を見せてくれます。
昨今のコロナ渦により、実際の対面がはばかられることもあると思いますので、時代に沿った良い機能と言えるでしょう。

年齢制限はあるの?

ペアーズエンゲージの年齢制限については、公式の利用資格の方で明確に謳われています。
・入会時の年齢が20歳以上45歳以下であること
ただし、上記の年齢帯で入会したものの45歳を超えてしまった場合は、継続してペアーズエンゲージの利用はできるようです。

独身証明書って?

独身証明書とは法的に独身であることを証明する書類のことです。
役所にいくか、郵送請求にて発行が可能ですが、ペアーズエンゲージではオンラインから独身証明書の申請ができるようになっています。

身元はバレない?

出会いアプリにあるようなFacebook連携やブロック機能というのはありません。

紹介されたらどうすればいいか?

紹介された相手のプロフィールを見て、自分好みの相手や少しでもいいなと思う人がいれば「いいね」をしましょう。
そこでお互いに会いたいとなればマッチングが成立しますので、会う日の段取りを決めましょう。

結婚相談所だから実名か?

実名でやり取りすることはありません。
ですが、登録時に入力する名前がひらがなで登録されるようになります。

メッセージってないの?

メッセージはあります。
ファーストコンタクトが終わった際に互いにまた会いたいとなったら、「カップリング」が成立します。そうすれば、相手とアプリ内でメッセージのやりとりをできるようになります。

審査にかかる時間は?

1時間以内で完了するそうですが、場合により24時間かかることもあります。

結婚相談所と掛け持ちはあり?

結婚相談所と掛け持ちしてはいけないというルールはありませんので両方利用しても大丈夫です。ですが、結婚相談所の掛け持ちはメリットとデメリットがありますので、どちらも検討した上で決めることをおすすめします。